ネットスーパーのある生活は果たして便利なのだろうか?

3年前に実家に戻り生活を始めた時に、あー今日は買い物が面倒だからネットスーパーにしようとネットを検索したら該当する店舗がなくていわゆる対象外地域だったことにとてもがっかりしたわけです。以前住んでいたところは、イトーヨーカ堂のネットスーパー対象地域で、よく利用していました。ネットで商品を選び注文するわけですが、実際には、店員の方がその注文書を元にお店で商品をピックアップして届けてくれるもので、よくよく考えるとアナログで地道な作業なのです。例えば注文した商品がないと電話をしてくれて「ご注文いただいた〇〇が今欠品なんですが、代わりに〇〇でもいいでしょうか?」などという丁寧な対応があったりするわけです。そして届けてくれる方もいかにもスーパーの方もしくはアルバイト学生で、天候の悪い時などは、いかにも大変そーなわけです。そんなこと思い出してみると、この辺りにネットスーパーがなくてよかったよという気がしてきたのです。雪が残り滑りそーな道をゆっくり歩いて近くのスーパーへ買い物に行く。それでいいと思うわけです。というのもこの前ネットを見ていたら、楽天が西友とネットスーパーに参入するらしいです。どんなもんじゃろねーと思うわけです。