ニュージーランドの女性首相の現状に驚きました

現在のニュージーランドの首相が10月に変わった事、それに37歳の女性であるということは知らなかったのですが、さらに出産をし産休に入ったというニュースを目にし本当に驚きました。アーダーン首相は6月21日に第1子の女の子を無事出産され、6週間の産休に入り副首相が代役を務めるということです。
アーダーン首相が就任したのは2017年10月26日。女性が妊娠し出産するのは一般的に十月十日と言われているので、アーダーン首相が妊娠されたのは逆算すると9月でちょうど妊娠しているかしていないか不明な時期に首相に就任されたのでしょう。本人にとってはまさかの事態だったのかもしれませんが、産むと決意し、それを受け入れるニュージーランドのお国柄が素晴らしいなと思いました。日本の場合では考えられないことです。日本で女性議員だけではなく働く女性たちがもっと妊娠、出産に対して大らかに考えられるような社会になる日がくるのかなとつい考えてしまいました。シルキーカバーオイルブロック 試供品