エドワード・ゴーリーの優雅な極秘展へ行ってきました

過日、伊丹市立ミュージアムで開催された「エドワード・ゴーリーの優雅なプライバシー展」へ行ってきました。ボクがエドワード・ゴーリーを知ったのは学生のところで、お姉ちゃんに「ダークでうれしいピクチャーブックがあるよ」と言われたのが誘因でした。
ゴーリーの品物はどれも暗くてメチャクチャなものがほとんどです。何ともない外見をして個人をいたぶるような叙述が手広く、ピクチャーブックといっても大人モードだ。あんなゴーリーの品物ですが、人となりははなはだ素晴らしいものが多いです。ピクチャーブックの子どもたちは全てとぼけ顏で、不思議な架空の生物も」豊富登場します。なかでも最も好評なのが、「うろんな客席」の謎の生物だ。これは物品にもなっているのですが、全然見かけない結果、館内の物品売店は個人であふれかえっていました。身分カードはほとんどの人が購入していました。トートバッグとマグカップ、セル絵、iphoneケースも欲しかったのですが、総計を見て投降しました。ネットでもゴーリーの物品は随分見つからないので、購入しておけばよかったかなと、遅ればせの悔いだ。鼻下脱毛